ライフハックforMEN

メンズの健康・美容・ファッション・恋愛・モテ情報をシェアします

【ネタバレあり】スナイパーとのサバイバルを描いた映画【ザ・ウォール】を観た感想

人気&オススメ記事・ジョンマスター成分問題が分かるまとめ

・無印のベッドを買うとき絶対注意する事

・闇金ウシジマくん最新41巻ネタバレ

・科学的に男のフェロモンを出す方法

・人気の脱オタファッション漫画レビュー

・メルカリの圏外飛ばしの復活方法

・無印フローリングモップ改良版レビュー

・引っ越しマニアが語る部屋探しの鉄則

f:id:lifecraft:20170831163524j:plain

ザ・ウォール : 作品情報 - 映画.com

 

実在のスナイパーを題材に描かれた映画ザ・ウォールを観たのでネタバレありでレビューを書いていきます。

 

 

 あらすじ

舞台は2007年のイラク

アメリカ陸軍に所属するアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、戦争で荒れ果てた村にある建物の残骸や崩れかけた大きな壁に潜んでいる敵を探していた。

しかし5時間ほど監視しても動きがないため、様子を見に近づいたマシューズが何者かに狙撃されてしまう。

すぐに駆け付けたアイザックも狙撃され足を撃ち抜かれてしまうがなんとかがれきのような壁の後ろに退避する。

アイザックは歩くこともままならずスナイパーに狙われたまま身動きが取れない状態。無線も故障し応援を呼ぶことも出来ない。

その後無線にアメリカ軍の司令部から通信が入ってくるのだが…

 ※イラク戦争時に37人ものアメリカ兵を殺害した実在するイラク側のスナイパーがモチーフになっているそうです。

 

 キャスト

アイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)

 

マシューズ(ジョン・シナ)

 

主演にはキックアスやハリウッド版ゴジラに出ていたアーロン・テイラー=ジョンソン

 

その相棒にWWEレスラー、ジョン・シナが出演しています。

 

監督は大ヒットスパイ映画ボーン・アイデンティティの監督を務めたダグ・リーマン

 

 

ザ・ウォールのネタバレ

 

腹を撃たれ瀕死の重傷を負って倒れたままのマシューズと壁の後ろに隠れたものの脚を撃たれ身動きの取れないアイザック

 

その後無線から入ってきたアメリカ軍の仲間だと思っていた通信は実はイラク側の伝説的なスナイパー“ジューバ”だった。

 

最初はどうにか抵抗していたアイザック

ジューバがゴミ捨て場に潜んでいることを見つけたものの望遠スコープや無線が壊れ負傷して応援も呼べず、常にジューバに監視されているので身動きが取れないまま傷が悪化し疲労で弱っていく。

 

アイザックはジューバとの会話の中で、ジューバは元はアメリカ軍から軍事訓練を受けていたことを知る。

英語を話し、アメリカ軍の戦略も熟知していたのでアイザックたちのようにアメリカ軍の兵士をこの場所におびき出して殺害していた。

 

ジューバは元教師で、アメリカ軍の爆弾で小学校が焼かれ子供たちが死んでいったことが憎しみの元凶だと語る。

さらにアイザックが隠れている壁がその小学校の壁だった。

 

やがてアイザックは懺悔するように過去に同僚を誤って死なせてしまい軍に嘘の報告をして罪から逃れていたことを告白する。

 

心身ともに衰弱していたアイザックだったがマシューズが生きていたことが発覚し、協力して攻撃を仕掛けることに。

 

しかしジューバに感づかれマシューズは頭を打たれて死亡する。

 

するとアメリカ軍のヘリの音が遠くから聞こえてくる。

アイザックは隠れていた壁を崩し巻き上がる噴煙の中で銃を構え一か八かジューバに最後の攻撃を仕掛ける。

 

ゴミ捨て場に潜むジューバの位置を推定し銃撃。

そのすぐ後にヘリでアメリカ軍の応援部隊が到着するもジューバは沈黙したまま。

 

仲間に救助されヘリで搬送されるアイザックだったが再びジューバから狙撃されヘリが墜落。

 

アイザックたちに成り済まして応援を呼んだのはジューバだった。

 

面白かったところ

 

手に汗握るサバイバル

スナイパー同士の戦いというよりも、絶体絶命の状況で凄腕スナイパーからどうやって生き延びるかというサバイバルスリラーなので終始極限状態の緊迫した場面なのでハラハラしながら楽しめました。

 

緊張感にリアリティがある

主人公の脚の怪我や、のどの渇きの描写や、心身ともに疲労していく様子や焦って手を怪我したり、大事な水をこぼしてしまったりとリアリティのある描かれ方をしているので観ている方も緊張感が伝わってきました。

 

微妙だったところ

オチがスッキリしない

こういうシュチュエーションスリラーにハッピーエンドを求める方が間違いだとは分かっているんですが、観終わってもなんかモヤモヤしたものが残ります。

 

・主人公はじめ応援部隊も全滅

・主人公の過去の過ちの告白の意味は?

・けっきょく最後までジューバに攻撃されるだけ

・ジューバの顔や視点が一切見えない

 

ここら辺がその原因かもしれません。

 

一人芝居

この映画は基本的に主人公アイザック一人芝居映画と言っていいと思います。

 

マシューズは早々に退場し最後少しだけ登場するくらい、ジューバは最後まで声しか出てきません。

 

アイザックの一人芝居でテンポよく進んでいくのは良いんですが、絵的に変わり映えしないのと独自の緊張感とあいまって人によっては後半少しダレてくるかもしれません。

 

こういう一人芝居のシチュエーションスリラーが好きな人は、

 

電話ボックスに閉じ込められてスナイパーに狙われるコリン・ファレルフォーン・ブース

 

これもイラク戦争が題材で地中に埋められた男がどうにかして脱出しようとするライアン・レイノルズ「リミット」

 

スティーブン・ドーフ主演で、ある箱の中に閉じ込められた男がある秘密を持っていて妨害を受けながらも脱出を目指し最後は驚愕の結末が待っている「ブレーキ」なんかも好きなはず。

 まとめ

ここまで色々と書いてきましたが、ザ・ウォールはシチュエーションスリラー、サバイバルスリラーが好きな人にはオススメできる映画です。

 

派手な銃撃戦やアクションはありませんがスナイパーとの心理戦が上手く描かれていると思いました。

 

日本では2017年9月1日から映画公開なので興味がある人は観に行ってみてください。