ライフハックforMEN

メンズの健康・美容・ファッション・恋愛・モテ情報をシェアします

つり目ポーズは間違いなくアジア人に対する人種差別だと思う理由

f:id:lifecraft:20170515155648j:plain

※2017年9月17日 追記しました。 

 

ネットサーフィンしてるとこんなニュースを見つけました。

www.goal.com

定期的に話題になる外国人の「つり目ポーズ」について海外の反応も交えながら思うことを書いていきます。

 

 

 つり目ポーズとは

 

よく外国人がアジア人に対してするジェスチャー

目を指で横に細めて伸ばすものでアジア人の目っぽくするポーズで「つり目ポーズ」「つり目ジェスチャー」と言われています。

 

海外ではJapanese eyesChinese eyesと呼ばれているそう。

 

一部の外国人側からすると親しみを込めてとかコミュニケーションとしてなど色々建前はあるようですがアジア人からしたらレイシズムを感じて不快に思う人も多いです。

 

南米、ヨーロッパでは当たり前に遭遇する差別

 

よくサッカー選手やサポーターがアジア人に対して平然とやって炎上しているのも度々見かけます。

 

過去にはネイマール選手なんかが有名ですね。

f:id:lifecraft:20170515160701j:plain

 

ACミラン時代のカカ選手も

f:id:lifecraft:20170515161027j:plain

 

また一般の人でも海外旅行によく行く人、特にヨーロッパや南米に行ったことがある人は一度はつり目ジェスチャーに遭遇したことがあるんじゃないでしょうか。

 

自分が遭遇したのはヨーロッパ観光してる時に小学生~中学生ぐらいの子供、サッカースタジアムでサポーター、スーパーでオタク風の集団にされたことがあります。

 

自分が実際に体験してみて思うことが、彼らに差別しているという意識が全くないこと。

 

みんな笑顔でやってきます。

 

かといって話しかけて仲良くなるという意識ではなく、アジア人に対してはしてもいいと思い込んでる軽いイジリなんでしょう。

 

ちなみに冒頭のラベッシ選手もネイマール選手もクラブの公式で載せている画像です。

 

アジア人に対する人種差別だと思う理由

 

つり目ポーズで炎上する記事が出ると一部の人は、

 

「親しみを込めてやってるだけ」

「悪意はない」

 

と擁護しますが、自分は不快に感じます。

 

その理由は、

 

  • 外国人観光客が日本でしているところを見たことない
  • 目の細い人ではなくアジア人に限定してやっている

 

この2点です。

 

外国人観光客が日本でしているところを見たことない

 

今東京の欧米人が多いところに住んで、表参道、六本木、麻布周辺など外国人観光客が多く集まる場所に頻繁に行きますが未だかつてつり目ジェスチャーをしている外国人に遭遇したことありません。

 

居酒屋、クラブ、バーみたいなところでも皆無です。

 

ほんとうに親しみを込めてやるポーズなら頻繁に見かけないとオカシイですよね。

 

結局は外国人もこのつり目ポーズはアジア人を小バカにした不快にさせるものだと分かっているのだと思います。

 

目の細い人ではなくアジア人に限定してやっている

外国人でも目の細い人、つり目の人はたくさんいるのにそういう人にこのつり目ポーズをすることはありません。

 

特徴に対するイジリやおふざけではないということです。

 

かならずアジア人に対してのみ行われるということを考えると人種差別的ではないでしょうか。

 

海外でも賛否両論あるつり目ポーズ

f:id:lifecraft:20170515164447j:plain

 

世界的に有名な女性誌「Glamour」のBrasil版のスタッフがインスタにつり目ポーズを載せた場合も、

 

彼らはこんな愚かなことをするべきじゃなかったよ。彼らは尊敬の念について学ぶ必要がある。

 

いまだにこんな人たちがいるなんて信じられない。

 

もしかしたら、これが人種差別的であると彼らは思わなかったのでは?
アメリカに引っ越すまで、これが人種差別的であることを私は知らなかった。

 

非アジア人が、これは人種差別的だとか不快ではないと言っているのが面白い。
君たちには一言言う権利があるからね。

 

明らかに人種差別的な意図はなかったけど、これは問題だな。

 

理解出来ない。
どうしてこれが面白いの?
どうして?どうやったらそうなるの?
もしかして、私がユーモアを理解出来ないだけ?

 

引用:

海外女性誌が「日本人を差別する」写真を投稿し炎上→謝罪(海外の反応) : 海外のお前ら

 

などなどほとんどは批判でしたが、悪意はなかったなどの擁護する意見もちらほら見かけました。

 

ただし日本人がバラエティ番組やCMで付け鼻、クルクルパーマのカツラをかぶったり、顔を黒く塗って黒人の真似をしたり片言の日本語でおかしく話したりするのも不快に思う外国人は多くいそうです。

 

※追記①セルビア代表の女子バレーチームも

f:id:lifecraft:20170601125031j:plain

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 女子バレーセルビア代表がつり目ポーズで「日本人の目は細い」と馬鹿にして炎上 - ライブドアブログ

 

2018年に日本で開催される女子バレーボールの世界選手権出場を決めたセルビア代表チームの記念撮影。

 

数人の選手はさすがにヤバいと思ったのかジェスチャーしなかったり別のポーズで濁してるのがなんとも…といった感じです。

 

いっそ日本と対戦するときにチーム紹介の時なんかに公でやってみればいいのに。

 

この事は海外でもTwitterなどで炎上して上記で紹介した女性誌同様非難されているようです。

 

しかし過去色んなところで炎上して問題になっているのにつり目ポーズ関係は定期的に発生しますね…

 

※追記②サッカーのU-20 ウルグアイ代表

f:id:lifecraft:20170605121904j:plain

【海外の反応】またつり目ポーズ..今度はU20W杯でウルグアイ代表がして炎上 | NO FOOTY NO LIFE

 

セルビアの女子バレーを追記したばかりですがまた追記します。

 

今度は現在開催中のU-20 ワールドカップ2017のウルグアイ代表のバルベルデ選手がゴールを決めた時、つり目ポーズでセレブレーションしました。

 

この試合はウルグアイVSポルトガルでアジアの国じゃないのに何で?と思って調べると、

 

バルべルデ選手の友人でウルグアイ代表のチームスタッフ?であるEdgardo Lasalviaという人物のあだ名

「EL CHINO エル・チーノ」中国人という意味。

彼に捧げるゴールなのでアジア人を表すつり目ポーズをしたとバルベルデ選手はTwitterで言い訳。

しかし試合会場というか今回のワールドカップの開催国がアジアの韓国なので炎上という事だそうです。

 

南米ではアジア人ぽい顔立ち、細い目をした人の愛称で「エル・チーノ」と呼ぶことが多いそう。

 

同じウルグアイのサッカー選手で言えばインテルで活躍したレジェンド、アルバロ・レコバ選手の愛称も「エル・チーノ」。

f:id:lifecraft:20170605124328j:plain

天才的なプレーをする選手で個人的には大好きです。

 

南米の文化なのでよくわかりませんが、親しみを込めて「中国人」てあだ名をつけるのはどうなのか…

 

日本人で日焼けして黒いサッカー選手に「アフリカ人」て公であだ名つけたら問題なりますよね。

 

悪意は無いんでしょうし、南米特有のあだ名が関わっていたりややこしいですが一度このつり目ポーズについてFIFAが見解出してほしいと思います。

 

ナチの敬礼や黒人選手にバナナを投げる行為があれだけ問題になったのにつり目ポーズだけはスルーしてるのも不自然なので。

 

エイバルの乾貴士選手も

f:id:lifecraft:20170917224411j:plain

乾選手のコメントから察するにチームメイトからの軽いイジリのような雰囲気ですが実際隣でこのジェスチャーされると笑いより不快感が強そうです。

 

またこのつり目ジェスチャーする人はアジア人のどんなリアクションを求めているのかよくわかりません

 

※追記③今度はテニスのデビス杯の試合中

f:id:lifecraft:20170917215052j:plain

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LfXh2WJ7ErA



2017年9月15日から日本で開催されている男子テニスの国別対抗戦。

 

日本の杉田祐一選手と対戦していたブラジルのギレルミ・クレザール選手が線審の判定に対してチャレンジして認められた際、批判的な態度でつり目ジェスチャーをしたそうです。

 

ちなみに試合の方は杉田選手が3-0のストレートで勝利しています。

 

日本が試合会場で対戦相手も日本人、そして線審も日本人。

 

動画を見ると判定に対してチャレンジをした後に半ばあきれた感じでやっているので、

 

「目が細いから見えないのか?」

 

のような侮辱する意図でやったように見えます。

 

試合後、クレザール選手はFacebook日本人を侮辱するつもりはなかったと謝罪しましたが国際テニス連盟(ITF)から人種差別的だとして1500ドルの罰金を科せられたそう。

 

そのほかクレザール選手のコメントを見てみると、

 

「これまでに、攻撃的で人種差別的で嫌悪的なことをするような意図を、アジアの人々に対してまったく持ったことはないと強調ししたい」

「わたしたちはこちらで非常に素晴らしいもてなしを受けており、ツアーではさまざまな国からやってきているすべてのテニス選手と最高の関係を築いている」

「まったく傷付けるつもりはなかったものの、あのジェスチャーは敬意や熱意、連帯、信条、そしてスポーツが自分たちに対して意味するものにそぐわないと自分でもわかる。痛恨の念とともに心から謝罪します」

引用:http://www.afpbb.com/articles/-/3143225

 

流石に少し苦しい言い訳のように聞こえますね。

 

最後に

 

意図的にする差別より、こういうつり目ポーズみたいな無意識で悪意のないものの方が個人的には不快に感じます。

 

親しみを表すとか関係なく、特定の人種の身体的特徴をいじるのはマナーが良いとは思えないからです。

 

差別する方は無意識でもされた方は一生忘れられないくらいショックを受けてしまいますよね。

 

自分がされて初めて気が付くことも多いような気がします。

 

自戒の意味で記事にしてみました。