ライフハックforMEN

男の健康・生活・美容・恋愛に役立つ情報サイト

結婚式のご祝儀という日本ならではの合法的なカツアゲ文化

人気&オススメ記事・ジョンマスター成分問題が分かるまとめ

・無印のベッドを買うとき絶対注意する事

・闇金ウシジマくん最新41巻ネタバレ

・科学的に男のフェロモンを出す方法

・人気の脱オタファッション漫画レビュー

・メルカリの圏外飛ばしの復活方法

・無印フローリングモップ改良版レビュー

・引っ越しマニアが語る部屋探しの鉄則

f:id:lifecraft:20170411175519j:plain

最近知り合いが立て続けに結婚してるので財布がメチャメチャダメージくらっています。

 

もちろんおめでたいし祝福する気はあるんですがご祝儀という謎文化が辛すぎる。

 

社会人でも1回3~5万飛んでいくのはきついですよね。

今日は結婚式やご祝儀について書いてみたいと思います。

 

 

そもそも結婚式っていらなくね?

知り合いが誰と結婚しようが自由だし、それをわざわざみんなの前で披露宴なんかされても時間の無駄としか思えません。

そして何が嫌ってご祝儀という名のカツアゲを受けることです。

 

なんで特に仲良くもない知り合いや疎遠になっている親類のためにわざわざ興味のかけらもない結婚式に足を運んで3~5万のご祝儀を包まないといけないのでしょうか。

 

電話や手紙で報告するんでいいじゃん。LINEなら写真も添付できるし一人一人からじっくりお祝いの言葉もかけれますよね。 

 

結婚式のこういうとこがイヤ

今までの人生で数回は嫌々出席しましたが本当に金と時間のムダでしかなかったです。

 

その時に感じたクソだなってところを上げていきたいと思います。

 

遠方なのに交通費が出ない

これは今までで一番イラついたことですね。

ご祝儀に加えて飛行機代とホテル代がかかってくるので一気に10万近くが吹っ飛びます。

 

そもそもなんでわざわざ地元から離れた飛行機での移動が必要なところで結婚式挙げるんだろう。

 

兄弟や大親友ならまだしも普通の友人や知り合いレベルで

 

「遠くて交通費やホテル代でないけどぜひ出席してほしいな~」

 

なんて連絡がきた日にはマリッジブルーになるぐらい罵倒してやりたくなりますよね。

 

ただご祝儀という金をたくさん集めたいだけにしか見えません。

 

そもそも結婚式なんて新郎新婦(ホスト)が親類や友人、お世話になった人たち(ゲスト)を招待するもの。

交通費やホテル代が出せなくてゲストに負担させるぐらいなら最初から呼ぶべきではないと思います。

 

料理がマズい

これもガッカリ度がかなり高い結婚式の一つですよね。

新郎新婦と特に仲良いわけでもない知り合いレベルだったら酒を飲んで食事を楽しむくらいしかご祝儀の元を取る方法がありません。

 

なのに料理がマズかったり、酒も瓶ビールオンリーとかだったらただただ苦痛です。

 

しかも新郎新婦がコスト抑えるために料理の質を落としてるんだなということが感じられて殺意を覚えます。

 

お色直しとかいう無意味な着替え

これはやる意味が一切感じられない結婚式の七不思議。

ゲスト待たせて着替えんなよ。今着てるのでいいよ。

 

新婦の色んな姿をお楽しみくださいってことなんでしょうか?

 

佐々木希レベルなら華もあるし絵になるし色んな衣装を着る意味あると思いますが素人の女みたいな頑張ってもちょいブスレベルだと豪華な衣装に顔が負けて違和感しかありませんよね。

 着飾らずにジャージとかでいいと思います。

 

寒すぎる友人たちによる余興

これも見るのが苦痛になってくる瞬間です。

結婚式の定番曲を熱唱したり、ちょっと前に流行ったダンスしたり、ネタっぽいの披露したり身内ノリの気持ち悪さに溢れています。

 

当然楽しんでいるのは本人たちだけなのでいつもこの時間がトイレタイムになります。

 

まとめ

 

やっぱりどう考えてもご祝儀を払うのは納得いかないですね。

今の時代には自分以外にも結婚式のシステムが嫌いで必要ないと思っている人も多いと思うのでさっさと滅んでほしいです。